目の周りの小じわに効く美容液を選ぶポイントは?

美容液はどのくらいで効果が出る?

 

美容液が本当に肌に合っているか、効果があるのかどうかは、少なくとも肌の新陳代謝の期間は継続して使ってみないとわかりません。

 

肌の新陳代謝は、30歳で45日前後、40歳で60日前後など、年齢の1.5倍が目安と言われています。

 

この新陳代謝の期間を考えて、しわ対策の美容液は、刺激や肌荒れなどのトラブルがない限りは、2〜3カ月続けてみてから継続するかどうかを判断しましょう。

 

 

小じわに効く成分は?

 

小じわの原因は乾燥なので、小じわ対策には乾燥を防ぐことが大事になってきます。

 

そのためには、保湿成分がしっかりと含まれている美容液を選ぶようにしましょう。

 

ちなみに、目元に小さくできる小じわの主な原因は乾燥なので、美容液でもしわを消すことができますが、笑った時などにできる表面じわは乾燥が原因ではないので、美容液ではもとに戻すことはできません。

 

 

では、保湿効果のある成分はどんなものなのかみてみましょう。

 

代表的な成分で、良く聞くこともあるのが、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドといった成分です。

 

 

ヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸はもともと体内にあり、最も知られている保湿効果のある成分です。

 

ヒアルロン酸には水分をため込む効果があり、1gで6リットルもの水分を蓄える効果があるいると言われています。ヒアルロン酸の美容液を塗ることで、角質内で保湿成分として働いてくれます。

 

年齢とともに、体内のヒアルロン酸は減少してくため、肌のハリや弾力が落ちてしわやたるみが出てきますので、美容液で補給してあげることが大切です。

 

コラーゲン

 

コラーゲンは食べ物にも含まれている成分で、お肌のハリや弾力を保ってくれる効果があります。

 

もともとコラーゲンは体内にもありますが、年齢とともに減少していくために、肌の弾力を低下させないようにコラーゲンを補給していくことが必要になってきます。しかしコラーゲンの場合は、コラーゲンを食べたり、肌に塗ったりすることで、直接コラーゲンが補給されるわけではありません。

 

食べ物から摂取した場合は、一度アミノ酸に分解されますし、美容液して肌に塗った場合も真皮まで届きませんが、角質内で水分をキープする保湿成分としては効果があります。

 

セラミド

 

角層にある細胞と細胞の間を埋めているのが細胞間脂質で、その約40%を占めている保湿物質がセラミドだと言われています。

 

このことからも、セラミドは水分を保持するパワーがとても高い成分ですが、年齢とともにセラミドも減少していくので、肌は乾燥しやすくなっていきます。

 

細胞間脂質の主成分と同じ成分のセラミドは、高い保湿効果を発揮して、乾燥する肌を改善する効果があるため注目されています。

 

 

ネット通販の口コミで評判の美容液

 

ココメロ

最新コスメ総選挙2015化粧品モニターさんが本気!でイチ押しに選ばれた完全無添加、業界初の日本アトピー協会推薦の保湿美容液です。


 

 

グラングレースローション

セラミド&ヒアルロン酸の他に、4つの機能性ペプチド配合することで、シミ・しわ・乾燥などに効果が期待できる、皮膚科の医師の協力でつくられた美容液です。