【目の周りの小じわ対策】目の周りの小じわを改善して消すには?

目の周りの小じわ対策(化粧品)

 

目の周りの皮膚は、皮膚が薄くデリケートで乾燥しやすくなるため、保湿成分の補給による小じわ対策が必要です。

 

乾燥肌にならないようにすることが大事で、そのためにも目の小じわ対策にあった化粧品を使うようにしましょう。

 

では、どんな化粧品が目の周りの小じわ対策になるのかをみてみましょう。

 

 

目の周り(目元、目尻)は皮膚が薄く乾燥肌になりやすいので、化粧水や乳液による保湿だけでは不十分です。

 

特に大事になってくるのが、皮膚の奥深くの角質層まで保湿成分がしっかりと届く化粧品を使うことで、皮膚の表面の保湿だけではあまり効果は期待できません。

 

保湿効果の高い代表的な成分がヒアルロン酸ですが、それ以外にもセラミド、コラーゲンなども保湿効果があると言われていて、多くの化粧品にも含まれています。

 

目の周りの小じわ対策になる化粧品選びは、皮膚の表面だけでなく角質層までしっかり保湿成分のヒアルロン酸などが浸透するものを選ぶようにしましょう。

 

 

人気のある小じわ対策の化粧品

 

美容液

 

ココメロ

最新コスメ総選挙2015化粧品モニターさんが本気!でイチ押しに選ばれた完全無添加、業界初の日本アトピー協会推薦の保湿美容液です。


 

 

グラングレースローション

セラミド&ヒアルロン酸の他に、4つの機能性ペプチド配合することで、シミ・しわ・乾燥などに効果が期待できる、皮膚科の医師の協力でつくられた美容液です。


 

 

クリーム

 

キラリエアイクリーム

目の疲れによい良い成分がたっぷり入った暗い目元を明るく見せてくれるアイクリーム。お試しや全額返金保証もついていて、累計20000本以上販売されていて人気があります。


 

 

グラシュープラス

保湿成分のセラミド+ヒアルロン酸+コラーゲンのすべてが配合されている、しわ対策のクリーム。エイジングケアとして、たるみ、シミ、くすみなどにも効果があります。


 

 

パック

 

ヒアロディープパック

角質層までヒアルロン酸を直接浸透させる、マイクロニードル技術という方法で保湿をしてくれる画期的な小じわ対策パック。週に1回で寝ている間に対策ができます。


 

 

マジックフェイシャル

髪の毛の400分の1の超極細繊維で出来た世界初の目もと専用シート。 何も貼っていないような透明感で、小ジワを隠し目もとを明るく見せる効果が期待できます。


 

 

小じわ対策で気をつけること

 

目の周りの小じわができる原因となることを、少しでも予防することで小じわを改善していきましょう。

 

乾燥しないように気をつける

乾燥肌にならないように紫外線対策をするようにしましょう。紫外線は乾燥を促してしまうので、特に紫外線の強い季節は紫外線による乾燥が起きないように注意が必要です。またメーク落としの洗顔のし過ぎも潤いをなくして乾燥する原因になるので気をつけましょう。

 

デリケートな皮膚を刺激しない

目の周りは他に比べて皮膚が薄くなっていますから、強い刺激は避けるようにしましょう。目の周りのマッサージもあまり強くしてしまうと逆効果になってしまいます。

 

目が疲れないようにする

目の疲れによる眼球疲労も目の周りの小じわの原因となります。パソコンやスマホの見過ぎによる目の疲れには注意して、目が疲れないように対策をしましょう。

 

 

 

まとめ

 

化粧品は保湿効果の高いものを選びましょう

乾燥の原因となる紫外線対策をしましょう

目が疲れすぎないように注意しましょう